働くスタッフが誇れる、イメージ通りのオフィスデザイン

旭化成ワッカーシリコーン株式会社

東京神田の新築ビルに完成した旭化成ワッカーシリコーン株式会社は〝ガラス張りのビルづくり〟上手く活かした開放感のあるオフィスに仕上がった。

前オフィスのビルの老朽化とセキュリティー機能の不足が移転検討のきっかけとなり、お客様は「オフィスのイメージを大きく刷新したい」とのご希望でした。まず、交流が不足していたバックオフィスと営業スタッフの交流を深める狙いで部署間の壁を完全に取除き、これまでには無かったグループアドレス制(部署やチームごとにスタッフが自由に席を選んで働くスタイル)・フリーアドレス制(固定席をつくらずスタッフが自由に働くスタイル)・ハイテーブル(立ったままの状態で作業やミーテイングが出来るオフィス用テーブル)を導入。全体として動きのあるオフィスをご提案した。その他、カフェスペースの設置など他部署間の交流も生まれる場を設けた。インテリアはガラスを多様し、「透明性を重視する」会社の方針とよりオープンな組織を意識している。ご移転担当K様は「今後、優秀な人材の確保にはやりがいの他にも定着率や利便性も大変重要です。そして何よりスタッフが誇れるオフィスに仕上がったと思います」とお話し下さった。